小学受験・幼児部(最年少・年少・年中・年長)

小学受験・幼児部 > 小学受験情報

2019年(令和元年)小学受験対策:広島の国立・私立小学受験合格のポイント⑧(最新版)(塾生・会員生・中村教室グループ塾生・保護者共通)

2019年版広島の国立・私立小学校受験合格のポイントをご覧になり、志望校にお子様が合格されますように祈っています。合否のポイントはお母さま方の「力」です。がんばってください。

広島の国立・私立小学校受験合格のポイントです。

子供の長続きのコツは「もっとやりたい」でやめることがポイントです!

子どもは素直なもので、面白いと、「もっと、もっと!」と、どんどんやりたがります。実際に、ペーパーテストの学習は、出来るときはとても楽しいものです。子どもも「できる」嬉しさから、もっともっとやりたいと思うのが自然です。親も、子どもがやりたがると嬉しいので、どんどんやらせてしまいます。

しかし、長続きさせるコツは、実は、「もっと!」の時にセーブすることです。子どもは、やりたいことはとことんやりますが、その最後には達成感、満足感を得ると同時に、「疲れた」「もう飽きた」という領域にも達してしますことがあります。

いったん疲れたり飽きたりというネガティブな体験をすると、次にするときのハードルがとても高くなるのが子どもです。それどころか、二度とやりたがらないことになっては困ります。

「『できる』『わかる』、あの面白さをもういちど」と、次の学習につなげていくことが、長続きとステップアップのコツなのです。
「もっとやりたい!」の声が出たら、一度は「そうね、もっとやってみようか」と受けてたってもいいでしょう。しかし、二度目に「もっと!」の声が出たら、「今日はとってもよく出来て、えらかったわね。明日またやろうね。そうしたらもっと楽しいと思うわよ」と明日につなげましょう。

子どもの「出来た!わかった!楽しい!」気持ちをどれだけつなげてあげられるか、が親の腕の見せどころですね。

中村教室幼児部は「志望校」の過去10年~15年の「入試問題」を解きます。そして、「予想問題」を発表しています。だから、合格率90~100%を毎年達成しています。塾生・会員生・中村教室グループ塾生のみなさん、お母さんといっしょに「努力」しましょう!

▲pagetop小学受験情報のインデックス

教室のホームページに掲載されている全ての画像、文章のデータについて、 無断転用・無断転載をお断りいたします。