小学受験・幼児部(最年少・年少・年中・年長)

小学受験・幼児部 > 小学受験情報

2019年(平成31年)小学受験対策:広島の国立・私立小学受験合格のポイント③(最新版)(塾生・会員生・中村教室グループ塾生・保護者共通)

2019年版広島の国立・私立小学校受験合格のポイントをご覧になり、志望校にお子様が合格されますように祈っています。合否のポイントはお母さま方の「力」です。がんばってください。

広島の国立・私立小学校受験合格のポイントです。

わからない問題は「できなかった印(○)」をつけて、できるまで挑戦する

ペーパーテストの問題は、これと決めたものに一途に取り組みます。はっきり言えば、どの問題集をしたから合格に近いということはありません。どのように取り組んだかということのほうが、よほど重要なのです。1冊なり2冊なり、「これに決めた!」と購入したら、あれこれ迷わずにとことんやり遂げましょう。

できない問題があっても、当然です。「うちの子はこんな問題もできないの!」と、ひるんではいけません。「こうだから、こうでしょ!」と子どもにしつこく教え込むのも禁物です。子どもが拒否反応を示しかねません。
できない問題には、必ず「できなかった印」を付けます。どんな印でも構いません。(単純に○印をページの右上につけましょう)。使いやすいように、印付きの問題だけを問題集から取り出しても構いません。

そして2週間後、または、問題集を一通り終わらせたあとに再度挑戦します。再び出来なければ、さらに「できなかった印」を付けます。(ここで○が2つ付くことになります)。このあたりまで来ますと、問題集は一巡または二巡していますから、「できなかった印」のついた問題は明らかな不得意分野として浮かび上がります。得意分野の問題や基本問題と織り交ぜながら、できるまで何回でも取り組みましょう。

中村教室幼児部は「志望校」の過去10年~15年の「入試問題」を解きます。そして、「予想問題」を発表しています。だから、合格率90~100%を毎年達成しています。塾生・会員生・中村教室グループ塾生のみなさん、お母さんといっしょに「努力」しましょう!

▲pagetop小学受験情報のインデックス

教室のホームページに掲載されている全ての画像、文章のデータについて、 無断転用・無断転載をお断りいたします。