コース・クラス

中学受験・小学部 > 中学受験情報

2019年(平成31年)中学受験対策:「塾選びのポイント」とは?“こだわりの塾”から難関中に合格!2020年度入試に向けての準備(最新版)(塾生・会員生・中村教室グループ塾生)

“こだわりの塾”から難関中に合格!「塾選びのポイント」についてお知らせします。

志望校に合格するために、重要なポイントになるのが塾選びです。通った塾のどのような指導が効果的だったのか。

日々の学習に充実感がある塾を選ぼう

今年の小学6年生は、2024年からの本格的な大学入試改革に該当する学年ということで、2019年度入試でどんな問題が出題されるか注目されました。結果的に、それほど増えてはいませんでしたが、今後は、長文問題や記述問題が増えてくることはまちがいありません。こうした問題に対処するには、丁寧に情報を読み取って、自分の頭で整理して、納得のいく解決策を示すという作業を、意識的に行っていくことが必要です。筋力トレーニングでは「今、この筋肉を鍛えている」というこを意識した方が効率的なことが知られていますが、普段の教材で勉強するときも、これと同じように、自分が組み立てた論理を、一度距離を置いて見つめ、客観的に考えてみる癖をつけるようにするといいでしょう。

塾選びでは、こうした思考力を鍛える学習に対応しているかどうかが大切なポイントになります。ただし、そうした学習でより力をつけるためには、日々の学習に充実感があるかどうかが決定的に重要です。自分が予想もしなかったような発見や刺激に満ちた学習環境で子どもは成長します。授業の中で先生と頻繁にやり取りがあったり、宿題の答え合わせのときに、一人ひとりとコミュニケーションが取れていたりする学習環境は、とくに低学年の塾選びでは最も大切です。5年生になって進学を意識した塾を選ぶ場合も、「居心地の良さ」は重要な基準といえます。子どもの成長スピードはそれぞれに異なっており、それに見合った塾で学ぶことが居心地の良さにつながり、力を伸ばすことになるからです。

▲pagetop中学受験情報のインデックス

教室のホームページに掲載されている全ての画像、文章のデータについて、 無断転用・無断転載をお断りいたします。