コース・クラス

中学受験・小学部 > 中学受験情報

2019年(令和元年)中学入試対策:夏の学習~最大のテーマは、苦手分野の克服だ!(最新版)(塾生・会員生・中村教室グループ塾生・夏期講習外部生)

2019年度合格率100%の中学入試合格に向かっています。志望校に全クラス(月〜日)のみなさんが合格できますように進めています!がんばれ!

夏期講習会・ゼミは、苦手分野の克服のポイントをお伝えします!

夏休みの学習で最も大切なポイントは、「苦手分野の克服」です。秋からの実践的な学習に入る前に、弱い部分をおぎなっておくと、志望校合格に向けて大きく前進するからです。この目的を達成するたまえに夏休み前に心がけておきたいことと、これから開催される合同説明会の活用法を紹介します。

①苦手分野の勉強を早めにスタート

自分の弱い部分をおぎなう勉強は、この時期からすぐスタートさせましょう。「夏休みに入ってから取り組もう」などと、のんびりかまえてはいけません。夏休みは夏期講習や、その予習・復習、宿題などで想像以上に忙しくなるのものです。

②模擬試験を受けて弱点を発見

7月になると大手の模擬試験(模試)がいくつか実施されます。自分の弱点を把握することができるので、この時期から受けるのも一つの方法です。成績に一喜一憂する必要はありません。返された答案を今後の勉強に役立てることを、第一の目的とします。

③夏期講習のつめこみすぎに注意

夏休みは、多くの受験生が塾の夏期講習に参加するでしょう。注意したいのは、つめこみすぎないことです。自分で計画した勉強の時間を確保することも大切です。申し込むときには、自分の勉強と両立できるように配慮しましょう。

④学校ごとの特色を比較

合同説明会では、大きな会場にたくさんの学校がブースを出します。各ブースでは、先生方による学校生活の紹介や、個別の進学相談などが行われます。関心のある学校には必ず立ち寄り、積極的に質問しましょう複数の学校を回って比較すると、それぞれの特色がよくわかります。

⑤質問する内容は事前に準備

合同説明会にはたくさんの人が来場するため、人気校のブースなどでは行列ができるかもしれません。先生方と話せる時間も、ある程度限られています。効率よく質問できるように、確認しておきたい項目などを家族で話し合い、整理しておきましょう。

⑥学校説明会にも参加

合同説明会で興味を持った学校には、個別に行われる学校説明会にも必ず参加しましょう。ウェブサイトなどで、日時や内容、予約の必要などをチェックします。学校や先輩たちを実際に見て、あこがれの気持ちが強まり、やる気が高まるケースも少なくありません。

24期生:塾生・会員生・中村教室グループ塾生及び夏期講習外部生のみなさんの「努力」(予習・復習中心)とプロの先生方の「指導」で、100%の実力をつけましょう!がんばれ!

▲pagetop中学受験情報のインデックス

教室のホームページに掲載されている全ての画像、文章のデータについて、 無断転用・無断転載をお断りいたします。