コース・クラス

中学受験・小学部 > 中学受験情報

2019年(平成31年)中学受験対策:中学受験をする君たちへ~冬休みの勉強&準備について・5つのポイントで完全攻略しよう!(最新版)(塾生・会員生・中村教室グループ塾生)

中学受験をする君たちへ~
冬休みの勉強方法と入試までの準備についてお知らせします。チェックしてください。

①コンディションを整える!

追い込み学習をするには、集中できるようにコンディションを整えることが大切です。インフルエンザが流行する時期なので、冬期講習への行き帰りや授業中にマスクをするなど、予防を心がけましょう。体調をくずしたら、すぐ病院に行き、ゆっくり休養します。
夜遅くまで勉強している受験生は、そろそろ早寝早起きの生活スタイルに切り替えます。ほとんどの学校では午前中に入試があるので、その時期に頭がよく働くようにする必要があります。

②過去問を解き直す。

ほとんどの受験生が、過去問(実際の入試問題)を使った勉強を進めてきたと思います。冬休みはもう一度、受験校の過去問を数年分解きます。出題傾向を確認し、苦手な分野がよく出るようならテキストにもどって復習します。「受験校ならでは」の出題傾向がある場合、慣れておくことも欠かせません。
過去問は本番と同じ時間に同じ教科を解くのが効果的。自分の名前や仮の受験番号を書くなど本番をイメージした練習も一つの方法です.。

③解答スピードをアップ!

入試本番では何が起こるかわかりません。初めて見る問題を目の当たりにして、頭が真っ白になることも・・・・・・。そんな状況も想定し、気持ちを落ち着ける時間をとれるよう、過去問演習では実際よりも短めの時間で解く練習をしておきます。「解ける問題」をすばやく見抜き、早く正確に解く練習を重ねましょう。
ただし、文字はていねいに書くことが鉄則です。不鮮明な場合、正答としない学校もあります。もちろん、誤字・脱字にも気をつけます。

④冬期講習を有効に活用!

塾の冬期講習は、これまでに習ったすべての分野を、過去問の演習などで復習します。受験勉強の総仕上げとして効果的なので、じょうずに活用します。まずは、授業に集中。帰宅したら、理解が定着するようにその日のうちに復習することを心がけます。
国語は短い時間でかまわないので、毎日勉強することが重要です。本番は国語から始まる学校が多く、最初の試験で波に乗ることができれば、その日の試験全体に弾みがつきます。

⑤家族としての生活も大切に!

受験を理由に、家族のなかで「特別あつかい」したり、されたりするのはやめましょう。かえって受験生にプレッシャーがかかり、調子を崩す心配があります。家庭内で決められた役割があるなら、冬休み中もきちんとこなします。
受験勉強には息抜きも必要です。好きなテレビ番組を録画し、勉強のあとに時間を決めて見るのもいいかもしれません。趣味を楽しみたいなら時間を区切るなど、めりはりをつけるのがおすすめです。

23期生のみなさん!現在、志望校合格の為にがんばっていますね。今やっていることは、必ず将来大人になった時に「生きる力」になります。目標を持った人は、人生においても必ず輝かしい生き方をします。たとえどんな職業であろうとも…。今を精一杯生きてください。がんばれ受験生!風邪を引かないように。

▲pagetop中学受験情報のインデックス

教室のホームページに掲載されている全ての画像、文章のデータについて、 無断転用・無断転載をお断りいたします。