コース・クラス

中学受験・小学部 > 中学受験情報

2019年(令和元年):広島県内主要中学校の今年度の入学者数状況について(最新版)(塾生・会員生・中村教室グループ塾生)

2020年度中学受験対策:2019年の中学入学者数の状況をチェックしてみましょう。志望校の状況(実力)がわかります。そしてこれからの生徒募集に大きく影響して来るでしょう。

今年度の広島地区の国立・私立中学校の入学者状況についてお伝えします。

今年度の国立・私立・公立一貫校の入学者数が判明しました
私立中学校の入学者数において、定員(募集人員)を集めていない中学校があります。私立中学校とも言えども、大学入試の実績(難関大学に何人合格させているか)が良好でなければ定員を満たすことが出来ていません。少子化と地方におけるわが子への教育費を出せない家庭は、国立・私立中を諦める時代となっています経済力が子どもの学力と比例する社会になり、保護者の方、真剣にわが子のことを考えてください

●ポイント:
①私立中学校間の学力差が激しくなり、学校側の相当の努力が必要となっています。
②今年度、定員確保する為に受験者の相当レベルの低い生徒を入学させる中学校があります。定員確保しているかといって低レベルの生徒まで入学させていると、入学後の授業進度に問題が起きることが考えられます。

中学校名 定員(募集人員) 入学者数 増減
広島学院中(男子) 184名 191名 +7名
修道中(男子) 276名 288名 +12名
ノートルダム清心中(女子) 180名 183名 +3名
広島女学院中(女子) 200名
※2015年より定員220名から200名に削減。
221名 +21名
広大附属中(男女) 120名 133名 +13名
県立広島中(男女) 160名 159名 -1名
広島市立広島中等教育学校(男女) 120名 120名 ±0名
広島なぎさ中(男女) 200名 177名 -23名
広島城北中(男子) 200名
※2017年より定員220名から200名に削減。
175名 -25名
安田女子中(女子) 200名
※2016年より定員240名から200名に削減。
180名 -20名
比治山女子中(女子) 90名
※2017年より定員140名から90名に削減。
46名 -44名
近大附属広島中東広島校(男女) 140名 122名 -18名
崇徳中(男子) 120名 69名 -51名

広島学院中(男子):最難関・難関大学に県内NO1の合格高校・ノートルダム清心中(女子)・広大附属中(男女)・県立広島中(男女)・修道中(男子)・広島女学院中(女子)の6校は、最難関・難関大学への合格実績と指導教師力の強い学校です。

注意広島地区の私立中学校は今後、男女共学に移行する男子校、女子校が出てきます。尚たとえ、男女共学にしても、大学入試実績の無い中学校は、定員確保が難しく赤字経営が続くことになるでしょう。そして閉校又は、合併による学校名変更が出て来ると予想しています。少子化は、深刻な問題なのです。

▲pagetop中学受験情報のインデックス

教室のホームページに掲載されている全ての画像、文章のデータについて、 無断転用・無断転載をお断りいたします。