お知らせ

2020年(令和2年)小学受験・中学受験対策:小学入試・中学入試に「合格」する、させる方法〜これからの勉強次第で「志望校に合格」するかしないかが決まります。受験のプロが教える合格のポイント(最新版)(塾生・県外受験クラス・会員生・中村教室グループ塾生・保護者・転塾生共通)

2020年度版広島地区及び県外の小学入試・中学入試志望校に合格できるか、できないかのこれからの対策についてお伝えします。受験のプロの先生のアドバイスをしっかり自分のアタマと体にしみこませてください。必ず志望校に合格できる道を歩むことができるでしょう。

これから9月〜2月上旬にかけての入試対策をしっかりやるかどうかで志望校合格が決まります。
毎年行われる入試において子ども達を合格させる方法についてプロでない先生・塾は、間違ったまま、子ども達の貴重な時間を過ごさせます。二度とない小学入試・中学入試をお母さま方は、我が子の為にしっかりとしたプランを立てて、実行してください。

小学入試必勝方法:お子様を国立・私立小学校入試に合格させるポイント。
■広島地区・県外(首都圏・関西地区・九州地区)であっても小学入試対策は一部私立小学校を除き同じです。

9月〜1月の入試対策
過去10年間以上の志望校入試問題を解かせることです。(市販されている問題集は、数年分しかありません。)
②「傾向と対策」を過去問を採点後につかみ、我が子がどの分野・単元が弱いかを知り、必ず補強してください。
③幼児は「くり返しの作業」で得点力は、20〜30%アップします。
④「小学入試に出題される」内容は、学校によっては「クセ」がありますが、難問を除いて「合格ライン」は、基本プラス応用力・考える力があるかによって判定されます。
6歳児の子ども達にとって小学入試は、これまでの「過去問題+予想(そっくりテスト)問題」を飽きることなく、くり返しやっていけば「必ず合格」させることが出来ます。
⑥「お母さんの優しい子供への声かけ、対応」によって子どものやる気はアップします。

■最後に「小学入試」は小学校入学後の通過点です。小学校(国立・私立・公立)に入学後もやる意欲を十分持った子供に指導してください。現実は、小学入学後も、学校だけでは十分ではありません。「6年後の中学入試」を考えながら、心豊かな子供らしい人に対して優しい子育てを行ってください。社会に出た後に幼児の時代の教育は、大きく人間性にも影響を与えます。

受験・子育てについてのご相談は、中村教室本部にお問い合わせください。

(082-263-0012(代))

中学入試必勝方法:子供を国立・私立・公立一貫校中学校入試に合格させるポイント。

9月〜2月の入試対策
過去10年間(第一志望校)以上の志望校の入試問題を解きましょう。(市販されている問題集は、著作権の関係で国語の文章内容が削除されたり、実際の入試とは、異なったものがありますので注意してください。)
実物(本物)の問題・解答用紙でやっていたことがベストです。塾では、実物の問題を保管しているはずです。
志望校の入試問題には合格最低ライン(基準点)があります。合格最低点以上を各科目取っているかをチェックか記録表(中村教室ではカルテと呼びます)できちんと記録していきましょう。
④「過去問題はやっただけ、記録しただけでは、ダメです。必ず再学習(追試)を行い、なぜ間違ったのか、どうしてこのような解答になるのかをアタマと体を使ってチェックしてください。
⑤「中学校入試」は学校によって「クセ」がありますが難問を除いて、「合格ライン」は、基本プラス応用力・考える力・記述力を見ています。
12才児の子供達にとって大人の世界に入る多感な時期であっても、「やる気」を持ちながらこれまでの「過去問題+予想問題(そっくりテスト)」をくり返しやっていけば必ず志望校に合格できます。
⑦塾の偏差値では決まらない実際の中学入試。過去対策をどれだけ綿密にやるかによって合否は決まります。
⑧お母さん、お父さんの優しい一声が、子供のやる気」に大きく変わっていきます。子供と共にこの時期を乗り切ってください。

■最後に「中学入試」は次へ大学入試への通過点です。中学校(国立・私立・公立一貫校)に入学後もやる意欲を十分持った子供に指導してください。現実の中学入試後の国立・私立・公立一貫中学は選ばれた子供達ばかりです。ストレスも出ます。しかし、中高一貫の中で、よいライバル・友達そして先生に出会うことによって子供さんの将来は、大きく拓けていけるでしょう。「6年後の大学入試を考えながら」心豊かな思春期へのバトンタッチが出来る心優しい人間性を持った子育てを行っていけばベストです。この中学受験という経験は、社会に出た後に良き思い出となり、こんなに「がんばったこと」の経験は生きる糧となると信じています。がんばってください。

受験・子育てについてのご相談は、中村教室本部にお問い合わせください。

(082-263-0012(代))

小4年・5年全クラス(月〜日)のみなさんへ

:記述対策シリーズ

9月より国語の授業中に次のことをやっています。昨年より行っている中村教室ならではの中学合格(記述)対策です。
男女別に10年間以上の実際(実物)の入試問題(国語)解答用紙を使い実戦形式で行います。

(男子)広島学院中・広島附属中・修道中・県立広島中
(女子)ノートルダム清心中・広大附属中・広島女学院中・県立広島中

男女とも得点記録(カルテ)を配布。中村教室オリジナルの模範解答・配点表配布。
広島地区の中学入試は、国語の記述力によって合否が決まります。受験のプロの先生による受験対策を小4・5年生からスタートしています。

以上中村教室入試情報センターより。

▲pagetop

教室のホームページに掲載されている全ての画像、文章のデータについて、 無断転用・無断転載をお断りいたします。