お知らせ

保護者の方へ:子供を合格に導く親になるためには~伸びる子どもの保護者の共通点はどこか?(最新版)(塾生・会員生・中村教室グループ塾生・保護者共通)

2020年度版子供を合格に導く親のポイント子供の学力を高める親は、どんな方法でやっているのか。わが子をアタマの良い子にする為にはどうするのかをお伝えしています。参考にしてください。

子供を「合格」に導く親になるための方法についてお伝えします。わが子の為に真剣に考え、指導してくれる人はだれでしょうか?幼稚園・保育園・子ども園・小学校でもありません。「家庭」です。中村教室幼児部・小学部は、お母さんの教育の一助となる為に真剣に指導しています。

小学・中学受験合格は、母親で決まる!

小学入試・中学入試親の入試といわれています。志望校選びに親が大きく関わっている一方で、さまざまな情報が多くなりすぎて迷うことも多いことも事実です。大切なわが子の将来に大きな影響を与える小学校・中学校生活で、頼れる小学校・中学校を選択することは、お母さま方の大事な仕事であります。
そこで、伸びる子どもたちは、どんな保護者の子どもであるかを次のようにまとめました。大切なわが子の為に参考にしてください。そして可能な限り、国立・私立小学校に入学してください。限られた子どもたちのみが入学を認められる国立・私立小学校ではありますが、チャンスを生かしてください。きっとお子様方は、お母さんに感謝すると思います。
■そして、国立・私立中学、公立一貫校の中学校には、絶対進学していただきたいと思っています。公立中(高)が決して悪いとは思いませんが、現実面から国立・私立中学校、公立一貫中学校に進学することは、6年間後に大きな夢の実現を可能に出来ることです。
■受験を通して「親と子」が一歩でも二歩でも前進し「勉強してよかった」と実感していただきたいのです。これまで40年以上の受験指導を行ってきた中で言えることは、「努力することはつらいが、しかし、振り返って見て、努力は自分を鍛えることが出来、自分の夢の実現を可能にできた。」
これから小学受験・中学受験をされるお母さま方、わが子を優しく見守ってやってください。そして、第一志望校にもし「合格」しなくても、わが子の「努力」を褒めてやってください。受験を通して親子が成長してください。「合格」を心より祈っています。

保護者の方へ

-子どもを合格に導く親になるためには-

伸びる子どもの保護者の共通点はどこか?

① 塾(教師)を信頼し、聞く耳を持っている
② 子どもを見守る姿勢がある
③ 子どものことをよく見て、適性や能力を把握している
④ 子どもとのコミュニケーションがよくとれている
⑤ しつけ・生活習慣・食事の管理をしっかりしている
⑥ 自分の子どもを客観視できる
⑦ 常識がある
⑧ 経済的に安定している
⑨ 子どもを信頼している
⑩ 親が与えすぎていない
⑪ 家庭で受験に協力している
⑫ 知的好奇心を育む環境
⑬ 子どもをほめる
⑭ 明るい
⑮ 教育熱心
⑯ 教育理念がある
⑰ まじめ

▲pagetop

教室のホームページに掲載されている全ての画像、文章のデータについて、 無断転用・無断転載をお断りいたします。